慰謝料を高く請求するためにすべきこと【夫の浮気編】

夫の浮気が原因で離婚をする事になった場合、妻は必ず慰謝料を貰うことができる!と考えている方も多いのではないでしょうか?しかし、実は夫が浮気・不倫をしていても慰謝料を必ずもらえるとは限りませんし、最悪「慰謝料なし」で別れなければならないケースもあります。
そこで、ここでは出来るだけ高い慰謝料を提示し、スムーズに離婚を行うためのポイントをご説明していきましょう。

 

ポイント1 慰謝料請求に必要な条件を確認する

浮気や不倫をどのような行為として認識するかは、人それぞれです。例えば、夫が異性と手を繋いでデートをしていたり、夫が女性と2人きりで食事をしていたりすれば、それが浮気だと考える方も多いと思います。

 

しかし、法律上慰謝料を請求できるかどうかは、浮気の有無ではなく「不貞行為があったか否か」にかかってきます。この不貞行為というものは、法律的には極めて限定的なもので、「配偶者以外との異性と肉体関係がある事」と定義されています。
そのため、慰謝料を請求するためには、夫と浮気相手の間に肉体関係があった事を立証することが重要となるのです。

 

ポイント2 不貞行為の証拠を集める

夫に慰謝料を請求するためには、夫と浮気相手の間に肉体関係(=不貞行為)があった証拠を押さえる事が重要です。
不貞行為の証拠は、1回よりも複数回分押さえることで信憑性が増すため、ラブホテルの出入りの写真や、夫と浮気相手の旅行の領収書などをできるだけ多く抑えておくことが重要となります。これらの証拠が多ければ多いほど、調停や裁判になった時に有利となりますし、慰謝料の額を高く吊り上げられる可能性も高くなります。

 

ポイント3 証拠集めや交渉をプロへ依頼する

不貞行為の証拠は、調停や裁判を見越して信憑性の高いものを集めておくのが得策です。
しかし、裁判でも通用するような証拠は素人にはなかなか手に入れられないもの。
そこで、早い段階から離婚関係に強い弁護士や探偵に証拠集めや交渉の依頼を行っておくことをおすすめします。
離婚関連に強い探偵であれば、信頼性の高い証拠を確実に揃えてくれますし、弁護士などへ交渉を依頼しておけば夫側への牽制ともなりますし、場合によっては慰謝料の増額などが見込める場合もあります。