夫の浮気からスムーズに離婚するためには

夫の浮気が原因で離婚を決意した場合、早急に離婚したいと考える女性は非常に多いと思います。しかしながら、相手が離婚拒否をした場合や、慰謝料の支払いに難色を示す場合などはスムーズに離婚が進まないケースもまま見られます。
そこで、ここでは夫の浮気が判明した後、スムーズに離婚するためのポイントを考えていきたいと思います。

 

ポイント1 浮気の証拠をしっかりと押さえておく

夫の浮気が発覚した場合、すぐにでも離婚を切り出してしまいたい!と考える方も多いと思います。しかしながら、離婚を切り出す前に浮気や不貞行為の証拠を固めておかないと、夫側に言い逃れをされてしまったり、浮気自体を否定されてしまったりしてしまう危険性があります。そうなってしまうと、再構築を迫られたり、離婚を拒否されたりと面倒な事になってしまいます。
早急に離婚をしたいと考える場合は、浮気が発覚した時点で証拠集めに全力を注ぎ、夫が言い逃れできない状況を作り上げておくことが大切です。離婚問題に強い探偵などに証拠集めを依頼するなどして、信頼性の高い証拠をできるだけ早く集めるよう心がけましょう。

 

ポイント2 弁護士に相談をする

離婚を有利に運べるだけの証拠が揃う見通しが立ったら、離婚問題に精通した弁護士に依頼をしましょう。裁判にも通用するような証拠が揃い、しかも弁護士まで付いているとなると、浮気をしているという不利な状態にある夫も、妻の意志の固さや本気度を知ることとなりますので、離婚の交渉がスムーズに進む可能性が高まります。

 

ポイント3 離婚を切り出したらすぐに夫の元を離れる

弁護士と離婚交渉についての相談が済みOKが出たら、すぐに夫へ離婚を切り出しましょう。そして、その日のうちに夫の元を離れてしまうのが得策です。
この時、夫へは「離婚に関する話し合いは全て弁護士を通すこと」を伝え、自分自身は今後一切直接的な交渉を行わないことを宣言しておきましょう。
こうする事で、当事者同士で情や金銭の絡んだ泥沼の話し合いをする必要がなくなり、離婚までスムーズに手続きを進めることができます。

 

また、もし調停や裁判といったことになったとしても、全て弁護士が間に立って交渉を行ってくれるため、無駄な話し合いをする必要がないというメリットもあります。
スムーズに離婚を進めたいと考える場合は、一人で交渉や手続きを進めるのではなく、プロにある程度の事は任せるという考え方に切り替える事をおすすめします。