浮気の証拠になりうるもの・ならないもの

男性が浮気する理由トップ10
  1. 性衝動
  2. パートナーの魅力が薄れた、飽きた
  3. パートナーとのセックスの回数や趣味が合わない、相性が悪い
  4. パートナーが家事や仕事で忙しい
  5. ほかの女に誘惑された
  6. パートナーからセックスに誘ってこないから
  7. スリルが欲しい
  8. 口うるさいパートナーから逃れたかった
  9. パートナーとのコミュニケーション不足
  10. 男としての自尊心を満足させたかった

 

男性の浮気願望には、ほぼ必ずカラダの関係がついてきます。
やはり、心で満足を得る女性とは違うものです。

 

浮気を証明するためには証拠が必要ということをお話ししましたが、どういったものが浮気の証拠になるのでしょうか?

 

浮気の証拠

 

浮気の証拠能力が高い項目

 

○ どちらかの家に一晩泊まった証拠
○ 浮気相手とラブホテルに入った証拠
○ 浮気相手とシティーホテルに一晩泊まった証拠
○ 詳しく確認出来たカーセックス

 

浮気の証拠能力が不十分な項目

 

△ 浮気相手とレストランで食事している証拠
△ 浮気相手と映画館に行く証拠
△ 浮気相手と手を繋いでいる証拠
△ 浮気相手の車に乗っている証拠
△ 浮気相手と肩を寄せ合い歩いている証拠
△ 浮気相手とキスしている証拠
△ 浮気相手の家に短時間入った証拠
△ 浮気相手とのメールのやり取り
△ 浮気相手の手紙や普段の日記

 

 

浮気の証拠として十分だと思われるようなものでも、実は証拠として不十分だったりします。
確実に浮気を証明するためには、証拠能力が高い項目を出来るだけ揃えられるようにしましょう。