探偵の掴んだ証拠活用法《夫の浮気慰謝料請求》

離婚を決意して慰謝料を貰いたい場合、事前準備が必要となります。
段階を追って解説していくことにしましょう。

 

まず最初に行うことは、浮気の証拠集めです。
最後の切り札となるため、一番最初に抑えておくのです。
ここで用意する浮気の証拠は、法的に有効となる証拠でなければなりません。

 

自ら集めた証拠よりも浮気調査に精通している探偵に依頼して、不貞行為の事実が分かる
写真や映像、報告書を用意しておくようにしたいものです。

 

また夫婦関係が以前から破綻している状態となれば、夫が浮気していたとしても不貞行為を
理由とした慰謝料の請求ができません。あくまでも夫が浮気したことが原因で、夫婦関係が
破綻した場合のみ慰謝料を請求することができるのです。

 

実際に慰謝料を請求する方法ですが、最初は口頭で話し合いの機会を作り、直接慰謝料を
請求することになります。ここで支払いに応じてもらえそうであれば、示談書を作成して、
両者の署名と捺印をしてお互いに保有するのです。

 

どうしても直接、顔を見て話し合いをしたくない場合は、弁護士や司法書士に相談して
内容証明郵便にて慰謝料を請求するようにしましょう。

 

ここでも支払いに応じないということであれば、簡易裁判所で調停を申し立てることになります。
話し合いが進み、慰謝料を支払ってくれることが決まれば調停調書が作成されるのですが
この調書は裁判の判決と変わらない効力があるため、後に約束を破ることがあれば
強制執行することができます。

 

この時点でも不調ということになれば、地方裁判所にて起訴を提起することになりますが、
この時に必ず必要となるのが、不貞行為が繰り返されたことが分かる決定的な証拠です。

 

また裁判であるため、弁護士に依頼して離婚訴訟も兼ねて慰謝料を請求することになります。
それなりの時間も掛るため、すぐに判決が下されるわけではありません。
またある程度の費用もかかります。

 

つまるところ、すぐに夫が慰謝料の支払いに応じてくれるのであれば問題ありませんが、
話がこじれそうであれば、早めに弁護士や司法書士に依頼して、
然るべき対応を取った方が早く解決することができるでしょう。